メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

「出雲三詩僧」智轂の書、詩を展示 書簡など37点 松江 /島根

智轂が書いた「壽」の掛け軸(右)=松江市鹿島町名分の市立鹿島歴史民俗資料館で、根岸愛実撮影

 松江市の市立鹿島歴史民俗資料館で特別展「出雲の三詩僧の一人 智轂(ちこく)の書」が開かれている。三詩僧は江戸後期の出雲地方で優れた漢詩を残した3人の仏僧。3人のうち唯一県内出身で、朝日寺(同市)の住職だった智轂の書や詩に焦点を当てた。来年2月11日まで。

 智轂は松江市出身。仏教や漢詩に加え、和歌や…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文314文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. ロケ地カード 製作へ 宇都宮など北関東4市共同 /栃木
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです