メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

同性愛を公表した学者(その1) 今こそ、伝えたい

 その寄稿が頭を離れなかった。政治家がマイノリティーである同性愛者を「不幸な人」と呼ぶなんて。

 8月12日、日本文学研究者で東京大名誉教授のロバート・キャンベルさん(61)は自身のブログに、後に休刊した月刊誌「新潮45」8月号に掲載された自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(51)による寄稿を批判する文章を投稿。自身が同性愛者であることを初めて公にした。

 世間では、寄稿が同性愛者ら性的少数者(LGBTなど)を「子供を作らない、つまり『生産性』がない」としたことに批判が集中した。だがキャンベルさんは「問題点は他にも多い。今だからこそ、伝えたい」との思いで、性的少数者を巡る日本社会のありように疑問を投げ掛けた。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです