メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

同性愛を公表した学者(その1) 今こそ、伝えたい

 その寄稿が頭を離れなかった。政治家がマイノリティーである同性愛者を「不幸な人」と呼ぶなんて。

 8月12日、日本文学研究者で東京大名誉教授のロバート・キャンベルさん(61)は自身のブログに、後に休刊した月刊誌「新潮45」8月号に掲載された自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(51)による寄稿を批判する文章を投稿。自身が同性愛者であることを初めて公にした。

 世間では、寄稿が同性愛者ら性的少数者(LGBTなど)を「子供を作らない、つまり『生産性』がない」と…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです