メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

同性愛を公表した学者(その1) 今こそ、伝えたい

 その寄稿が頭を離れなかった。政治家がマイノリティーである同性愛者を「不幸な人」と呼ぶなんて。

 8月12日、日本文学研究者で東京大名誉教授のロバート・キャンベルさん(61)は自身のブログに、後に休刊した月刊誌「新潮45」8月号に掲載された自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(51)による寄稿を批判する文章を投稿。自身が同性愛者であることを初めて公にした。

 世間では、寄稿が同性愛者ら性的少数者(LGBTなど)を「子供を作らない、つまり『生産性』がない」としたことに批判が集中した。だがキャンベルさんは「問題点は他にも多い。今だからこそ、伝えたい」との思いで、性的少数者を巡る日本社会のありように疑問を投げ掛けた。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです