メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下85歳 最後の会見 「旅終えようとしている今、国民に感謝」

 天皇陛下は23日、85歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、皇居・宮殿で記者会見に臨み「天皇としての旅を終えようとしている今、私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝する」と述べた。陛下にとって最後の記者会見で、時に声を震わせながら心情を語った。

時折、声震わせ

 陛下は即位して30年の歳月を「日本国憲法の下で象徴と位置付けられた天皇の望ましい在り方を求めながら過ごしてきました」と振り返り、来年4月30日の退位まで「引き続きその在り方を求めながら、日々の務めを行いたい」と話した。

 陛下は国内外での戦没者慰霊などを通じ、戦争の記憶を継承する大切さを行動で示してきた。会見でも「戦後生まれの人々にもこのことを正しく伝えていくことが大切である」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです