韓国艦

海自機照射 「漂流船捜索」韓国が釈明 「攻撃目標の測定」防衛省反論

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した韓国軍の駆逐艦=防衛省提供
海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した韓国軍の駆逐艦=防衛省提供

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、韓国の聯合ニュースは22日、韓国軍関係者が「漂流中の北朝鮮の漁船が近くの船舶に救助信号を送り、出動した駆逐艦が漁船を迅速に探すため火器管制レーダーを稼働した」と説明している、と伝えた。これに対し、防衛省は「攻撃目標の精密な方位・距離を測定する」ためのレーダーだと反論する文書を発表した。政府関係者は、照射は「数分間」だったとし、「偶然レーダーが当たったというものではない」と語った。【木下訓明、ソウル堀山明子】

 韓国国防省は、漁船を探す際、近くを飛行していた海自のP1哨戒機にレーダーが照射されたとしている。統一省は、北朝鮮漁船に乗っていた北朝鮮住民3人を救助し、1人の遺体を収容したと明らかにした。住民と遺体は、22日午前に板門店を通じて北朝鮮に引き渡したという。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文710文字)

あわせて読みたい

ニュース特集