メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国艦

海自機照射 「漂流船捜索」韓国が釈明 「攻撃目標の測定」防衛省反論

海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した韓国軍の駆逐艦=防衛省提供

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、韓国の聯合ニュースは22日、韓国軍関係者が「漂流中の北朝鮮の漁船が近くの船舶に救助信号を送り、出動した駆逐艦が漁船を迅速に探すため火器管制レーダーを稼働した」と説明している、と伝えた。これに対し、防衛省は「攻撃目標の精密な方位・距離を測定する」ためのレーダーだと反論する文書を発表した。政府関係者は、照射は「数分間」だったとし、「偶然レーダーが当たったというものではない」と語った。【木下訓明、ソウル堀山明子】

 韓国国防省は、漁船を探す際、近くを飛行していた海自のP1哨戒機にレーダーが照射されたとしている。統一省は、北朝鮮漁船に乗っていた北朝鮮住民3人を救助し、1人の遺体を収容したと明らかにした。住民と遺体は、22日午前に板門店を通じて北朝鮮に引き渡したという。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです