メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米通商代表部

対日貿易交渉 包括的協定鮮明に TPPレベル網羅

 【ワシントン中井正裕】米通商代表部(USTR)は21日、日米貿易交渉に関する交渉目的の概要を公表した。モノの貿易に関する関税の撤廃・削減や規制緩和のほか、日本が通貨安誘導を行わないよう求める方針を明記。投資やサービス分野の交渉も段階的に進め、包括的な自由貿易協定(FTA)を目指す姿勢を示した。来年1月下旬から交渉が可能になる。

 交渉目的は、工業品や農産品の関税のほか、通信や金融サービス、電子商取引ルール、知的財産権の保護など…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです