メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米通商代表部

対日貿易交渉 包括的協定鮮明に TPPレベル網羅

 【ワシントン中井正裕】米通商代表部(USTR)は21日、日米貿易交渉に関する交渉目的の概要を公表した。モノの貿易に関する関税の撤廃・削減や規制緩和のほか、日本が通貨安誘導を行わないよう求める方針を明記。投資やサービス分野の交渉も段階的に進め、包括的な自由貿易協定(FTA)を目指す姿勢を示した。来年1月下旬から交渉が可能になる。

 交渉目的は、工業品や農産品の関税のほか、通信や金融サービス、電子商取引ルール、知的財産権の保護など…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです