連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

相次ぐ組織の不祥事 漂流する個人の倫理観=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授=宮武祐希撮影
小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授=宮武祐希撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 公文書の改ざんがあるかと思えば、障害者雇用数の人為的な操作がある--。相次ぐ行政機関の不祥事は、目を覆うばかりだ。しかも、倫理問題は官庁に限らない。大企業における検査データの改ざん、ずさんな労務管理、不当な役員報酬といった社会倫理に反する行為もまた目に余る。

 これに対して、綱紀粛正、規則の見直し、コーポレートガバナンス(企業統治)の強化などが議論されているが、問題はもっと根深い。なぜなら、そうしたごまかしをしてきた組織の中にいた各個人は「いかなる倫理観を持っていたのか」が厳しく問われねばならないからだ。役員や職員は、なぜ黙っていたのだろうか。組織の論理や慣行と、個人の倫理観との相克の問題があるのではないか。

この記事は有料記事です。

残り1433文字(全文1765文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集