メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

相次ぐ組織の不祥事 漂流する個人の倫理観=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授=宮武祐希撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 公文書の改ざんがあるかと思えば、障害者雇用数の人為的な操作がある--。相次ぐ行政機関の不祥事は、目を覆うばかりだ。しかも、倫理問題は官庁に限らない。大企業における検査データの改ざん、ずさんな労務管理、不当な役員報酬といった社会倫理に反する行為もまた目に余る。

 これに対して、綱紀粛正、規則の見直し、コーポレートガバナンス(企業統治)の強化などが議論されている…

この記事は有料記事です。

残り1561文字(全文1765文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです