メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

相次ぐ組織の不祥事 漂流する個人の倫理観=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授=宮武祐希撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 公文書の改ざんがあるかと思えば、障害者雇用数の人為的な操作がある--。相次ぐ行政機関の不祥事は、目を覆うばかりだ。しかも、倫理問題は官庁に限らない。大企業における検査データの改ざん、ずさんな労務管理、不当な役員報酬といった社会倫理に反する行為もまた目に余る。

 これに対して、綱紀粛正、規則の見直し、コーポレートガバナンス(企業統治)の強化などが議論されている…

この記事は有料記事です。

残り1561文字(全文1765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです