メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
シリア難民

レバノンに逃れ 帰れば殺害、家奪われ 内戦、終結見えず

 2011年に始まったシリア内戦は、ロシアとイランの支援を受けるアサド政権軍が優位に立つ。トルコの支援を受け、イドリブ県を拠点とする反体制派武装勢力との間で停戦交渉が続けられる一方で、政権側による反体制派への砲撃も散発的に続く。米軍の撤収が発表されたものの、停戦の行方は不透明だ。国外への大量の難民を出した「今世紀最悪の人道危機」(国連)は、まだ終わっていない。【サードナエル(レバノン東部)で篠田航一】

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の集計では、11月22日時点でシリアから国外に逃れた難民は約…

この記事は有料記事です。

残り1815文字(全文2067文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです