メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア難民

レバノンに逃れ 帰れば殺害、家奪われ 内戦、終結見えず

 2011年に始まったシリア内戦は、ロシアとイランの支援を受けるアサド政権軍が優位に立つ。トルコの支援を受け、イドリブ県を拠点とする反体制派武装勢力との間で停戦交渉が続けられる一方で、政権側による反体制派への砲撃も散発的に続く。米軍の撤収が発表されたものの、停戦の行方は不透明だ。国外への大量の難民を出した「今世紀最悪の人道危機」(国連)は、まだ終わっていない。【サードナエル(レバノン東部)で篠田航一】

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の集計では、11月22日時点でシリアから国外に逃れた難民は約…

この記事は有料記事です。

残り1815文字(全文2067文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです