メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

羽生が27年ぶりに無冠 100期へ再挑戦を期待する

[PR]

 思わずため息をついた人もいるだろう。勝負は非情なものだ。将棋の羽生善治竜王(48)が第31期竜王戦七番勝負に敗れ、27年ぶりにタイトルを持たない「無冠」となった。

     前人未到のタイトル通算100期達成がかかる、将棋史に残る大一番はフルセットまでもつれた。接戦を制した広瀬章人新竜王(31)のタイトル奪取をたたえたい。

     羽生九段は1989年に初タイトルを獲得した。いったん失冠したものの、ほぼ平成という時代を通してタイトルを保持し続けていたのは驚きであり、感慨深い。

     現役棋士は165人いるが、タイトル戦を戦える棋士、ましてやタイトルを獲得できる棋士は一握りしかいない。その中で羽生九段は、96年に将棋界初の7冠、昨年は永世7冠を達成し、国民栄誉賞も受けたスーパースターだ。

     しかし、ここ20年間「羽生1強」時代が続いてきた将棋界も、平成が終わりに近づき、若手が台頭してきている。

     昨年は20代の新しいタイトルホルダーが2人誕生し、今年の王位戦は初の平成生まれ同士のタイトル戦となった。今回の広瀬新竜王の誕生で、現在八つあるタイトルは、20代3人、30代3人、40代1人の7人で分け合う。群雄割拠の状態だ。

     プロ入り最速100勝の記録を塗り替えたばかりの藤井聡太七段(16)も、虎視眈々(たんたん)と初タイトルをうかがっている。

     年を重ねると、集中力や瞬発力、勢いは次第に衰えてくる。そのなかで羽生九段は、経験値を積み重ねることで、形勢判断をする「大局観」を磨いてきた。AI(人工知能)世代の若手の発想を研究して、吸収しようというあくなき向上心も忘れないのが強みだ。

     大山康晴十五世名人は、59歳で王将位を防衛した最年長記録を持つ。羽生九段の100期への挑戦も終わったわけではない。研究を重ね、次のチャンスを狙ってくるだろう。

     AIの飛躍的な進歩は将棋界に大きな変化をもたらした。勝ち負けだけならAIでいい。しかし将棋は盤上の小宇宙で人間同士が知力、精神力を尽くした戦いを繰り広げるところに妙味がある。それが人の心を打つ。新たなドラマに期待したい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

    3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

    4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

    5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです