メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
この50年の世界

1968~2018(その2止) プエブロ号事件 北朝鮮「瀬戸際外交」原形 米、人質救出優先し謝罪

2013年7月27日、プエブロ号を展示するため改装した祖国解放戦争勝利記念館の開館式で答礼する金正恩第1書記(当時)=朝鮮中央通信

 

 「米国は韓国大統領府(青瓦台)事件では動かなかったのに、米兵が人質になると態度が一変した」。韓国中央情報部の北朝鮮課長だった康仁徳(カンインドク)氏は、1968年当時の朴正熙(パクチョンヒ)大統領ら政権中枢が、米国の対応に強い不信を抱いたと振り返る。

 自国への武装テロを重く見て報復を迫る韓国側、ベトナム戦争の状況にも目配りせざるを得ない米国側。認識の違いは、さらに広がっていく。

 朴氏とジョンソン米大統領(当時)との間で交わされた書簡を大統領府が2002年公開した。ジョンソン氏…

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2008文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  5. 札幌 クラブ史上最多8発!“爆勝呼んだ”進藤ゆりかごパフォ(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです