メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

死刑倍増 皇太子就任8カ月で133人 英人権団体

 【カイロ篠田航一】サウジアラビアの実質的な最高実力者ムハンマド皇太子(33)が2017年6月に皇太子に就任して以降の8カ月間で、国内での死刑執行数が133人に上り、就任前の8カ月間の67人に比べほぼ倍増した可能性があることが英国の人権団体「リプリーブ」の調査で判明した。反政府活動も死刑の理由とされるが厳重な報道規制が敷かれるサウジでは死刑の詳細は伝わりにくい。

 皇太子は、自身に批判的だったサウジ人著名記者ジャマル・カショギ氏殺害事件への関与も取りざたされてお…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

  5. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです