米国

つなぎ予算失効 政府機関が一部閉鎖 「国境の壁」対立激化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン中井正裕】米連邦政府の2019会計年度(18年10月~19年9月)のつなぎ予算失効に伴い、政府機関が22日から一部閉鎖に陥った。トランプ大統領がこだわる「国境の壁」予算を巡る与野党対立で、つなぎ予算の延長協議が行き詰まった。トランプ政権下での政府閉鎖は3回目。トランプ氏と民主党は激しく対立しており、政府閉鎖が長期化する恐れがある。

 19年度予算案ではトランプ氏が選挙公約で掲げた壁実現のため50億ドル(約5600億円)の計上を要求。だが民主党との対立で成立せず、21日までつなぎ予算でしのいでいた。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文549文字)

あわせて読みたい

注目の特集