メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

同性愛を公表した学者(その2止) 傷ついても前に進む

LGBTや日本社会について講演するロバート・キャンベルさん=東京都千代田区で2018年11月30日、和田大典撮影

 

 ◆声を上げた2人のLGBT

「不幸な人」ではない

 「教室で、社会で、地域で、できる人からカミングアウトしていくと、点々と明かりがともり、やがて線としてつながっていく」。11月30日、東京・日比谷のオフィスビル。大手監査法人の研修に招かれた東京大名誉教授のロバート・キャンベルさん(61)は、約100人の参加者に静かに語りかけた。

 8月に同性愛者であることを公にしてから、自身の半生や「性の多様性」について話をする機会が増えた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  3. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  4. 埼玉で電車に飛び込み、男性が死亡 2人がホーム上で巻き込まれたか
  5. ローソンが「悪魔のパン」発売 「悪魔のトースト」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです