メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

同性愛を公表した学者(その2止) 傷ついても前に進む

LGBTや日本社会について講演するロバート・キャンベルさん=東京都千代田区で2018年11月30日、和田大典撮影

 

 ◆声を上げた2人のLGBT

「不幸な人」ではない

 「教室で、社会で、地域で、できる人からカミングアウトしていくと、点々と明かりがともり、やがて線としてつながっていく」。11月30日、東京・日比谷のオフィスビル。大手監査法人の研修に招かれた東京大名誉教授のロバート・キャンベルさん(61)は、約100人の参加者に静かに語りかけた。

 8月に同性愛者であることを公にしてから、自身の半生や「性の多様性」について話をする機会が増えた。

この記事は有料記事です。

残り4823文字(全文5038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです