メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

同性愛を公表した学者(その2止) 傷ついても前に進む

LGBTや日本社会について講演するロバート・キャンベルさん=東京都千代田区で2018年11月30日、和田大典撮影

 

 ◆声を上げた2人のLGBT

「不幸な人」ではない

 「教室で、社会で、地域で、できる人からカミングアウトしていくと、点々と明かりがともり、やがて線としてつながっていく」。11月30日、東京・日比谷のオフィスビル。大手監査法人の研修に招かれた東京大名誉教授のロバート・キャンベルさん(61)は、約100人の参加者に静かに語りかけた。

 8月に同性愛者であることを公にしてから、自身の半生や「性の多様性」について話をする機会が増えた。

この記事は有料記事です。

残り4823文字(全文5038文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです