メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長の保釈認める 東京地裁 保証金5億円
いのちのほとりで

/9 「物語」を聞き出し共感 がん末期患者の在宅緩和ケア

内海雅子さん宅を訪問した大岩先生(左)と鈴木さん(中央)。言葉をかけると笑顔が戻ったものの、撮影2日後の12月20日早朝に亡くなった=さくさべ坂通り診療所提供

 がんの最後は耐えがたい痛みが--。もしそんな場面に直面したら、本人だけでなく家族もいたたまれないだろう。でも、「痛みは必ず取れる」と言う医師と看護師に出会った。医療用麻酔は使う。ただそれより、患者本人の「物語」を聞くのが大事だという。「痛み」とは何だろう。漠然と考えながら、患者宅を訪問する車に同乗した。

 後部座席で揺られながら私は少し緊張していた。昨年3月、雨の日のこと。がん末期患者の在宅緩和ケアの訪…

この記事は有料記事です。

残り1988文字(全文2191文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです