メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

悠々自適に生活するには=回答者・立川談四楼

立川談四楼さん

 定年退職し、同じ会社で週3日勤務の再雇用の立場です。株式配当も家賃収入もあるのでお金には困らず悠々自適の生活が送れるはずなのですが、どうも貧乏性で自分自身に困惑しています。お酒ぐらいが趣味と呼べるもので、それも気恥ずかしいという理由で一人飲みもできず、友人との飲み会は回数が限られ、大したことはありません。本当に悠々自適でいきたいのでアドバイスをお願いします。(61歳・男性)

 同じ会社に週3日間勤務で「株式配当も家賃収入もある」って、実に羨ましい境遇ですね。それを悠々自適と言うんですよ。そこを自覚されていますか? 当然退職金も入ったことでしょうし、これ以上いったい何をお望みなのでしょうか。落語家にはボーナスも退職金もありませんが、その代わりに定年がないという特権があります。まあ、患ったらそれっきりという情けない特権なのですが。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです