メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
もう一度食べたい

記者編 甲府のう巻き だしの風味香り、ふっくら

う巻きをビールで。備前焼のグラスは甲府時代にすみ江さんからもらったもの。取材当日に持参した

 「う巻き」と聞けば、今も甲府市のとある料理屋を思い出す。ちょうど20代が終わろうとするころ足しげく通っていた。東京・新宿から特急列車に揺られて約1時間半。思い出の味に会いにいった。

 JR甲府駅南口から、のんびり歩いて10分ほど。住宅街の一角に懐かしい看板が見えた。「くしだ」。ウナギ料理が自慢のかっぽう料理店だ。昔と変わらず丁寧に刈り込まれた店先の松にしばし目をやり、のれんをくぐる。「久しぶりですね!」。カウンター越しに板前の串田悟さん(54)が目尻を下げて歓待してくれた。

 記者は2001年2月から3年間、甲府支局で勤務していた。当時は左党を誇り、酒もさかなも甘ったるいも…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1450文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです