メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

記者編 甲府のう巻き だしの風味香り、ふっくら

う巻きをビールで。備前焼のグラスは甲府時代にすみ江さんからもらったもの。取材当日に持参した

 「う巻き」と聞けば、今も甲府市のとある料理屋を思い出す。ちょうど20代が終わろうとするころ足しげく通っていた。東京・新宿から特急列車に揺られて約1時間半。思い出の味に会いにいった。

 JR甲府駅南口から、のんびり歩いて10分ほど。住宅街の一角に懐かしい看板が見えた。「くしだ」。ウナギ料理が自慢のかっぽう料理店だ。昔と変わらず丁寧に刈り込まれた店先の松にしばし目をやり、のれんをくぐる。「久しぶりですね!」。カウンター越しに板前の串田悟さん(54)が目尻を下げて歓待してくれた。

 記者は2001年2月から3年間、甲府支局で勤務していた。当時は左党を誇り、酒もさかなも甘ったるいも…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 職員PC、定時で強制終了 働き方改革 あすから枚方市 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです