メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

記者編 甲府のう巻き だしの風味香り、ふっくら

う巻きをビールで。備前焼のグラスは甲府時代にすみ江さんからもらったもの。取材当日に持参した

 「う巻き」と聞けば、今も甲府市のとある料理屋を思い出す。ちょうど20代が終わろうとするころ足しげく通っていた。東京・新宿から特急列車に揺られて約1時間半。思い出の味に会いにいった。

 JR甲府駅南口から、のんびり歩いて10分ほど。住宅街の一角に懐かしい看板が見えた。「くしだ」。ウナギ料理が自慢のかっぽう料理店だ。昔と変わらず丁寧に刈り込まれた店先の松にしばし目をやり、のれんをくぐる。「久しぶりですね!」。カウンター越しに板前の串田悟さん(54)が目尻を下げて歓待してくれた。

 記者は2001年2月から3年間、甲府支局で勤務していた。当時は左党を誇り、酒もさかなも甘ったるいも…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1450文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです