メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

佐藤優・評 『わたしの信仰 キリスト者として行動する』=アンゲラ・メルケル著、フォルカー・レージング編

 ◆アンゲラ・メルケル著、フォルカー・レージング編、松永美穂・訳

 (新教出版社・2484円)

ルター派的信仰による世界観

 ドイツのアンゲラ・メルケル首相が、東ドイツ出身であることはよく知られている。彼女の父親がプロテスタント教会(ドイツ民主共和国[東ドイツの正式国名]福音主義教会同盟)に所属する牧師であったことも、ドイツの政治や宗教に関心がある人ならば知っている。ただし、彼女がどのレベルの神学的理解を持っているかについては、ほとんど知られていない。本書を読むと、メルケルが牧師になることが十分できる水準の神学的知識を持っていて、また強い信仰の持ち主であることが伝わってくる。

 1995年6月14日に、ハンブルクで行われた第26回ドイツ福音主義教会(EKD、ドイツ最大のプロテ…

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1511文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです