メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『牧水の恋』=俵万智・著

 (文藝春秋・1836円)

 「恋は、いつ始まるのだろうか」

で始まり、「恋は、いつ終わるのだろうか」で終わる、全十二章。歌人・若山牧水の恋の評伝である。

 大悟法(だいごぼう)利雄や伊藤一彦らの牧水研究の資料をもとに、牧水が「若き日をささげ尽くして」とまで詠んだ恋に、現代の恋の歌人・俵万智が踏み込む。注目すべき資料を新たに辿(たど)り直し、歌による心理の読み解きを絡ませながら、その真相と深層を探る。エッセー風…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです