メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

全国大学選手権 準決勝 明大VS早大 帝京大VS天理大

【早大-慶大】後半、早大・佐々木(右端)が逆転となるトライを決め喜び合う選手たち=東京・秩父宮ラグビー場で2018年12月22日、渡部直樹撮影

 ラグビーの全国大学選手権は22日、東京・秩父宮ラグビー場などで準々決勝4試合が行われ、10連覇を目指す帝京大(関東対抗戦1位)が流通経大(関東リーグ戦3位)に45-0で大勝した。

 早大(関東対抗戦2位)は慶大(同3位)に20-19で劇的な逆転勝ち。天理大(関西1位)は大東大(関東リーグ戦2位)に30-17で快勝した。明大(関東対抗戦4位)は東海大(関東リーグ戦1位)に18-15で競り勝った。

 準決勝(秩父宮)は来年1月2日、明大-早大、帝京大-天理大の組み合わせとなった。

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです