メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

きょう号砲 105のたすき、京つなぐ

開会式で選手宣誓する佐久長聖の松崎咲人主将=ハンナリーズアリーナで2018年12月22日、川平愛撮影

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会は23日、京都市の西京極陸上競技場を発着点に男子が7区間42・195キロ、女子が5区間21・0975キロのコースで開催される。男子は都道府県予選を勝ち抜いた47校、記念大会の女子は都道府県代表に地区代表を加えた58校が出場する。

 22日は開会式が同市内であり、全国高校体育連盟の岡田正治会長が「2020年東京五輪・パラリンピックを控え、都大路から世界の舞台で活躍する選手が多く生まれることを期待する」とあいさつ。前回男子優勝の佐久長聖・松崎咲人主将(3年)が「(マラソンで日本新記録を出した同校OBの)大迫傑先輩に続く勢いで平成最後の全国高校駅伝を全力で走ることを誓います」と選手宣誓した。

 開会式前の監督会議で出場校のオーダーが決まった。レースは女子が午前10時20分、男子が午後0時半に…

この記事は有料記事です。

残り7049文字(全文7418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです