メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

全日本選手権 高橋、帰還の舞 SP2位

男子SPで2位だった高橋大輔=大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで2018年12月22日、猪飼健史撮影

 第2日の22日、大阪・東和薬品ラクタブドームで行われ、男子ショートプログラム(SP)は、3連覇を狙う平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が102・06点で首位に立った。

 今季現役復帰した2010年バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(関大KFSC)が88・52点で2位につけた。17歳の島田高志郎(木下グループ)が3位。平昌五輪金メダルの羽生結弦(ANA)は11月のロシア杯で右足首を痛めたため欠場した。

この記事は有料記事です。

残り1595文字(全文1800文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです