メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下85歳 戦争のない時代に心から安堵 平和に万感

85歳の誕生日を迎えられた天皇陛下と皇后さま=皇居・宮殿で(撮影は2018年12月10日、宮内庁提供)

 「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています」。85歳を前に記者会見された天皇陛下の声は時折、かすかに震えていた。こみあげる思いを抑えきれないようだった。「天皇としての旅」を国民への感謝とともに振り返った最後の会見。万感の表情に、全力で国民と向き合い続けた真摯(しんし)さがにじんだ。【山田奈緒】

 会見は20日夕、例年通り、皇居・宮殿の「石橋(しゃっきょう)の間」で開かれた。にこやかな表情で入室し、記者30人の前に着席。「国民に伝えたいこと」を問われ、原稿を手元に話し始めた陛下は、一転して真剣な面持ちになった。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです