メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

狂った統治機構 汚染土ばらまき環境壊す政権

松尾貴史さん作

 環境省は、東京電力福島第1原子力発電所事故後の除染作業で出た汚染土を、農地造成に再利用する方針だそうだ。寡聞にして知らなかったが、2016年6月に「1キロ当たり8000ベクレル以下の土は公共事業に使用する」ということが決められたようで、事故前は、放射性廃棄物の再利用の基準値は1キロ当たり100ベクレルだったものが、80倍に緩和されてしまったようだ。

 国策だろうが何だろうが、被ばくすれば幼い子供たちにより強く影響が出ることがわかっているのに、なぜこ…

この記事は有料記事です。

残り1284文字(全文1510文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです