メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム 根室 修学旅行で知る北方領土

納沙布岬にある北方領土返還祈念のシンボル像「四島のかけ橋」を見学する修学旅行生=根室市役所提供

 根室市は北海道の一番東に位置する「本土最東端の街」です。「朝日に一番近い街」でもあり、全国で最も桜の開花が遅い「桜前線の終着駅」とも呼ばれています。

 根室市の目と鼻の先には、戦後70年以上が経過した今も自由に行くことができない北方領土があります。いまだに解決されていない北方領土問題を全国の、特に若い世代に正しく理解してもらい、返還を求める声を全国に広げていくことが重要と考えています。

 このため、北方領土返還要求運動の原点の地である根室市と近隣4町(標津町、中標津町、別海町、羅臼町)…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. みのひだフォーカス 食品サンプルの街 郡上の象徴 「ゴジラフライ」作者、誰? 上田酒店店主「お会いしたい」 /岐阜

  3. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 江川紹子さんのまとめ 「合意のない性交は処罰」に潜む危うさ 被害者のため何をすべきか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです