メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

米IS担当のマクガーク特使が辞任へ シリア撤収抗議で2人目

 【ワシントン会川晴之】過激派組織「イスラム国」(IS)掃討戦を続ける有志国連合の調整役を務めていたマクガーク米大統領特使が、今月31日付で辞任する。米主要メディアが22日、一斉に報じた。「ISとの戦いは終了した」としてシリアからの撤収を19日に表明したトランプ大統領に抗議した形だ。シリア撤収に反発して辞任する米高官は、来年2月の辞任を発表したマティス国防長官に次いで2人目となる。

 マクガーク氏はオバマ前政権時代の2015年に大統領特使に就任、68カ国・地域が参加する有志国連合内…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文627文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです