メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武装勢力と4カ月停戦 ミャンマー国軍が発表

 【バンコク西脇真一】政府と少数民族武装勢力との内戦が続くミャンマーで、国軍は来年4月末まで、武装勢力が活動する北部などでの軍事行動を停止すると発表した。国軍主導のテインセイン前政権時代にもなかった大規模な停戦宣言で、全国停戦協定(NCA)に未署名の武装勢力との交渉前進が期待されている。

 4カ月間の停戦は、今月21日に発表された。12日に「タアン民族解放軍」など3勢力が軍事作戦を停止し、和平交渉に参加する意向を示したことに伴う措置だという。

 ミャンマーでは1948年の独立後、多数派ビルマ族の支配に少数民族が反発し、今も戦闘が続く。約20の…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです