メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戌年のクリスマスプレゼント 引退介助犬「エルモ」が育ての親と再会

パピーウオーカーの般若小百合さんと再会し、うれしそうな表情を見せるエルモ=宝塚市の木村さん宅で2018年12月22日、高尾具成撮影

 日本介助犬使用者の会会長の木村佳友さん(58)=兵庫県宝塚市=の2代目介助犬として活躍後、木村さん宅でペットとして暮らす「エルモ」(ラブラドルレトリバー雄・15歳)が22日、育ての親(パピーウオーカー)の般若(はんにゃ)小百合さん(55)=横浜市=と6年ぶりに再会。「戌(いぬ)年」の終わりにすてきな時間を過ごした。【高尾具成】

 エルモは埼玉県で生まれ、生後数カ月の2003年3月に般若さん宅に。約1年間、般若さんと夫、長男、長女の家族4人に愛情いぱいに育てられた。木村さんの初代介助犬「シンシア」の後を継ぎ、05年に名古屋市総合リハビリテーション事業団が実施した認定試験を経て、国内31頭目の介助犬に認定された。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです