メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

DV被害者、地元で守る 加害者対応含む支援、熊本県が計画策定

被害者支援のイメージ

 配偶者などからの暴力(ドメスティックバイオレンス=DV)を受けた被害者が、加害者のいる自宅や同じ生活圏に戻っても再び被害に遭わずに生活できるよう、全国で初めて、加害者への対応を含む見守り支援のガイドライン作りに熊本県が取り組んでいる。

 今の被害者支援は保護した被害者を加害者が追跡できない場所に逃がして自立を図る施策が中心で、地元に戻った被害者支援策は抜け落ちていた。その穴を埋める試みになる。

 厚生労働省家庭福祉課によると、2016年度に全国の一時保護機関から退所した4527人の女性のうち3…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1117文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです