メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/9 「物語」を聞き取る困難さの先にあるもの

隔月末、診療所で開かれる勉強会「ソンダースの家」。深刻なテーマも、カフェ形式で和気あいあいの雰囲気になる

 千葉市中央区の国立病院機構「千葉医療センター」にほど近い「さくさべ坂通り診療所」では、2カ月に1度、月末の日曜日の午後に20人以上の医師、看護師、ケアスタッフらが集まって開かれる勉強会がある。名前は「ソンダースの家」である。「現代ホスピスの母、創始者」といわれる英国人医師シシリー・ソンダースにちなんでつけられた。終末期のがん患者が抱える苦痛は身体的なものだけでなく、社会的、心理的、そしていのちや死を問うスピリチュアルなものもある――。ソンダースが提唱した「トータルペイン(全人的な苦痛)」の考え方に基づくケアについて、学び合っている。

 病院で「治療法はこれ以上ない」と告げられ、いのちの危機を実感している患者にとって、医療的麻薬で身体…

この記事は有料記事です。

残り2659文字(全文2979文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです