メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

入り口事件=川崎支局長・市村一夫 /神奈川

 記者を束ねる「デスク」の仕事をしていた頃の話だ。一人暮らしの女性が自宅で首を絞められて殺されたと、記者の一人が独自につかんできた。夜遅くだったが、社会面と県版になんとか記事を書き分けた。

 記事が出る前に警察の公式発表があった。詳しい状況は明かされず、幹部は「事件の可能性もある」との言い方だった。容疑者がすぐに浮かんだ場合に備え、殺人とは別容疑で逮捕できる余地を残しておきたかったのだと思う。というのも、一つの容疑で取り調べができるのは20日余りに限られるからだ。殺人の立証に時間がかかりそうなときは、死体遺棄など犯行の一部を捉えた容疑で逮捕すること…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 芸能 被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)
  3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです