出前講座

市職員が子ども条例など説明 情報交流センター 名張 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三重県名張市職員の説明を聞くなばりNPOセンターの伊井野雄二理事長(右から2人目)ら=同市の市民情報交流センターで、衛藤達生撮影
三重県名張市職員の説明を聞くなばりNPOセンターの伊井野雄二理事長(右から2人目)ら=同市の市民情報交流センターで、衛藤達生撮影

 名張市の職員による出前講座が23日、同市希央台5の市民情報交流センターで開かれた。NPO法人「なばりNPOセンター」(伊井野雄二理事長)が主催し、市の子ども条例や病児・病後児保育など市の子育て支援策について、担当者が説明した。

 市子ども家庭室の福地さおり室長は2006年に県内自治体で初めて制定した「市子ども条例」について、(1)生きる権利(2…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集