メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出前講座

市職員が子ども条例など説明 情報交流センター 名張 /三重

三重県名張市職員の説明を聞くなばりNPOセンターの伊井野雄二理事長(右から2人目)ら=同市の市民情報交流センターで、衛藤達生撮影

 名張市の職員による出前講座が23日、同市希央台5の市民情報交流センターで開かれた。NPO法人「なばりNPOセンター」(伊井野雄二理事長)が主催し、市の子ども条例や病児・病後児保育など市の子育て支援策について、担当者が説明した。

 市子ども家庭室の福地さおり室長は2006年に県内自治体で初めて制定した「市子ども条例」について、(1)生きる権利(2…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです