メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌浦天満宮

初詣客に良い新年を 巫女が迎春準備 和歌山 /和歌山

絵馬を結んで破魔矢を作る巫女ら=和歌山市和歌浦西の和歌浦天満宮で、黒川晋史撮影

 新年を前に和歌山市和歌浦西の和歌浦天満宮で23日、初詣客に授ける縁起物の破魔矢の準備作業が行われた。県内の高校生や大学生が巫女(みこ)を務め、来年のえとにちなんだイノシシの絵馬を矢に結び、約800本を完成させた。

 和歌浦天満宮は学問の神様として知られる菅原道真が祭られ、普段は多くの受験生らが合格祈…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです