メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外巨人選手 新型コロナ感染の疑い
全国高校駅伝

女子・神村学園、女王の疾走 悲願の初優勝 男子・九州学院、リベンジ4位 /熊本

[PR]

 男子第69回、女子第30回の全国高校駅伝競走大会が23日、京都市の西京極陸上競技場を発着点とするコースで開催され、女子は神村学園(鹿児島)が悲願の初優勝を果たした。最終5区でトップから31秒差の5位でたすきを受けたカマウ・タビタ選手(3年)が区間賞の走りで逆転した。鹿児島県勢の優勝は初めて。南九州地区代表の樟南(鹿児島)が14位、宮崎日大(宮崎)は25位、千原台(熊本)は33位だった。男子は九州学院(熊本)が九州勢トップの4位で2年ぶりの入賞。宮崎日大(宮崎)は12位、鹿児島城西(鹿児島)は25位だった。【林壮一郎、城島勇人、田崎春菜】

 ◆女子

 神村学園は1区の平田歩弓主将(3年)が「最後の都大路。やるしかない」と並々ならぬ覚悟でスタート。これまで消極的なレースで失敗することもあったが、この日は序盤から先頭集団に加わった。最後は苦しんだが「メンバーに入れなかった仲間の分まで」と粘って6位。3区の黒川円佳選手(1年)も「勢いを止めてはいけない」と積極的な走りで4位に浮上した。

 最終5区のカマウ選手にたすきが渡った時点でトップと31秒差。「30秒以内なら逆転できる」と考えていた有川哲蔵監督は「準優勝かな」と頭をよぎったというが、期待以上の走りで鹿児島に女子初の優勝をもたらした。

 樟南は21位でたすきを受けた3区の原田まりん選手(1年)が「1人ずつ抜いていこう」と序盤から飛ばし、区間6位の走りで順位を15位に押し上げた。4区の松永彩葉(いろは)選手(1年)も区間3位の堂々の走りで一時は13位まで浮上した。鹿児島のライバル校、神村学園の優勝を目の当たりにした松永選手は「悔しい。来年は県大会で神村学園に勝ちたい」と雪辱を誓った。

 宮崎日大は最後まで粘り強さをみせた。32位でたすきを受けた2区の田崎優理主将(3年)が「集中して必死に追いかけた」と区間16位の力走で7人抜き。3区の小野愛莉選手も1年生ながら2人を抜いて一時は23位まで順位を上げた。最終5区はけがから復帰した野崎光選手(3年)がフィニッシュ目前で1人抜いて気を吐いた。

 千原台は目標の1時間10分台に届かなかったが5年ぶりの都大路で堂々の走りを見せた。35位でたすきを受けた2区の栗原泉選手(2年)が区間25位の走りで29位まで順位を上げ、後続の選手も区間30位台の走りでつないだ。3区を走った藤村光紀(みづき)主将(2年)は「2年生が3人いるので来年に生かす」とリベンジを誓った。

 ◆男子

 九州学院は全国高校総体と国体少年Aの5000メートルで日本人トップの井川龍人主将(3年)を1区に投入。序盤から先頭集団を引っ張り、大会直前に痛めた足首の影響で順位を落としたものの4位でたすきをつないだ。

 後続の選手も懸命に入賞圏内をキープ。後半勝負とみていた禿雄進(かむろゆうしん)監督の読み通り、5区の中山凜斗選手(2年)が区間2位、6区の鶴川正也選手(1年)が区間3位で上位との差を縮めた。7位でたすきを受けた最終7区の今村真路(まろ)選手(3年)は「後は任せろ」と積極的に飛ばし、区間賞の快走。4位で昨年逃した入賞を果たした。

 宮崎日大は目標の8位入賞に届かなかったものの初出場で12位と健闘した。1区の荒木勇人選手(3年)は各校のエース級を相手に23位。2区の佐藤奨之進主将(3年)が21位、3区の佐藤航希選手(2年)が17位へと順位を上げ、6区の甲斐治輝選手(3年)が「目標タイムで走れた。残り1キロで全力を出した」と振り返る区間7位の快走で12位に浮上した。最終7区の曳田道斗選手(1年)も区間14位と堅実な走りで順位を保った。

 初出場の鹿児島城西は8位入賞を目指したが、全国の壁は高く25位に終わった。1区の漆畑瑠人(りゅうと)選手(3年)は「楽しみな気持ちが強かった」と意気込んでスタート。21位でたすきをつなぎ、後続の選手も懸命に前を追ったが順位を上げられなかった。漆畑選手は「今日走った2年生2人は悔しい経験を忘れず、来年へ向けて頑張ってほしい」と後を託した。

失意の夏超え完全燃焼 九州学院アンカー・今村真路選手

 九州学院のアンカーとして区間賞に輝いた今村真路選手は、今年8月に三重県であった全国高校総体の3000メートル障害物決勝で転倒、負傷しまさかの途中棄権。「全国で味わった悔しさは全国で取り返す」と雪辱を期し、見事にリベンジを果たした。

 今村選手は全国高校総体で念願だった決勝に進んだが、1000メートル付近で後続の選手と接触。バランスを崩したままハードルに激突し、そのまま救急搬送された。幸い大けがには至らなかったが大舞台を棒に振り、失意のどん底に落ちた。2週間後、練習に復帰。気持ちを切り替えることができたのは一緒に都大路を目指す仲間や禿雄進監督(60)の激励があったからだった。体幹トレーニングなど新たな練習メニューも加え、再び全国の舞台に臨んだ。

 「今度こそ完全燃焼したい」。7位でたすきを受けると前を行く佐久長聖(長野)と埼玉栄(埼玉)を捉え、トラックまでデッドヒート。ラスト100メートルで抜き去った。

 「まさか3人も抜くとは。意地だったのだろう」。禿監督は激走に目を細めた。今村選手は「失意の夏だったけど、監督やみんなのお陰で最後に全力を出し切ることができた」と満面の笑みを浮かべた。【城島勇人】


順位と記録

 ◆女子

 (1)神村学園(鹿児島) 1時間 7分25秒

(14)樟南(鹿児島)   1時間 9分26秒

(25)宮崎日大(宮崎)  1時間10分56秒

(33)千原台(熊本)   1時間12分 7秒

 ◆男子

 (4)九州学院(熊本)   2時間3分54秒

(12)宮崎日大(宮崎)   2時間6分32秒

(25)鹿児島城西(鹿児島) 2時間8分55秒

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 青森の住宅で61歳女性死亡 頭に殴られたような傷 殺人事件で捜査

  4. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  5. EU外相、米黒人拘束死を「権力の乱用」と非難 デモは欧州に飛び火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです