メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤いダイヤ

未来産業最前線 起業、1日1.7万社(その1)

 始まりは友人、知人からかき集めた10万元(約160万円)だった。2011年春、当時25歳で、大学を卒業して間もない王建軍さんはこれを元手に起業。中国沿海部の深センの創業支援スペースに机と椅子を借り、子供が組み立ててプログラミングを学べる教材用ロボットの開発に着手した。

 「中国には新興企業に資金を提供してくれるベンチャーキャピタル(VC)がたくさんある。実績がなくても、将来性さえ認められれば投資を受けられる」

 王さんの会社「メイクブロック」は12年に約250万円の資金調達に成功。その後も億単位の調達を繰り返…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです