メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤いダイヤ

未来産業最前線 起業、1日1.7万社(その1)

 始まりは友人、知人からかき集めた10万元(約160万円)だった。2011年春、当時25歳で、大学を卒業して間もない王建軍さんはこれを元手に起業。中国沿海部の深センの創業支援スペースに机と椅子を借り、子供が組み立ててプログラミングを学べる教材用ロボットの開発に着手した。

 「中国には新興企業に資金を提供してくれるベンチャーキャピタル(VC)がたくさんある。実績がなくても、将来性さえ認められれば投資を受けられる」

 王さんの会社「メイクブロック」は12年に約250万円の資金調達に成功。その後も億単位の調達を繰り返し、創業わずか7年で従業員数約500人、世界140カ国で製品を販売する有力ベンチャーにのし上がった。「米国のシリコンバレー同様、深センには夢を現実にできる土壌がある」

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

  3. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです