メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

有川哲蔵さん=全国高校駅伝女子で優勝した神村学園監督

有川哲蔵監督=京都市西京極陸上競技場で、川平愛撮影

 待ち焦がれていた初優勝。フィニッシュシーンを驚きながら見守った。少ししてようやく実感が湧いてきて、飛びついてきたアンカーのカマウ選手をがっちりと抱きしめた。「夢みたい。この景色を見たかった。自分には涙もろいところがあるが、泣くのだけはやめよう」と、笑顔で選手たちを出迎えた。

 鹿児島県南さつま市出身。今でも月200キロ程度は走り込むランナーだ。大学卒業時、実業団へ進みたい気持ちもあったが、高校の恩師から勧められて指導者になった。

 「若い時は鍛えるのが得意だった」。自らも一緒に走り、選手を引っ張った。だが、試合に勝てず、方針転換。コンディショニングを重んじ、試合前は追い込むのではなく、選手の疲労を抜くことにした。選手のよい面を引き出す努力もした。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです