連載

赤いダイヤ

官民一体で街全体を作り替える勢いで進む中国の技術革新(イノベーション)。次世代産業をリードする新技術「赤いダイヤ」探しにまい進する現場を歩いた。

連載一覧

赤いダイヤ

未来産業最前線 起業、1日1.7万社(その2止)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
AIを駆使した最新の予約システムで人気を集める旅行会社「無二之旅」。社員の大半が20代という本社は若さがあふれる=中国・北京で2018年8月22日午後、赤間清広撮影
AIを駆使した最新の予約システムで人気を集める旅行会社「無二之旅」。社員の大半が20代という本社は若さがあふれる=中国・北京で2018年8月22日午後、赤間清広撮影

 

ベンチャー投資過熱 青田買い、即決「5億円」

 北京大など中国を代表する名門校や、ハイテク企業が集積する北京・中関村地区。起業を目指す若者たちが群がるベンチャー企業の「ふ化場」だ。2015年春、ここに拠点を置くベンチャーキャピタル(VC)「中関村大河資本」の会議室で、創業トップの王童さん(47)が若い男性と向き合っていた。

 12年に「無二之旅」(二つとない旅)と名付けた旅行会社を設立した王志遠さん(34)。「人工知能(AI)を活用し、顧客に合わせた個人旅行プランを作成、格安で提供します」。力説する王志遠さんに、王童さんは3000万元(約5億円)の投資を即決した。

この記事は有料記事です。

残り1881文字(全文2166文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集