メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成ネット政治史

/8 国会TVの登場と退場 「未編集」好評でも資金難=逢坂巌

国会TVの活動を振り返る田中良紹さん=東京都大田区で2018年12月15日、青島顕撮影

 国会審議を毎日、テレビで見られる時代があった。

 20年前の1998年1月、CS放送で日本初の政治専門局「国会TV」がスタートした。審議のある日は本会議や委員会、調査会を開会から閉会まで編集せずに放送した。週末や夜間は収録分を再放送。生出演した政治家が、電話してきた視聴者と直接話す「コール・イン」も取り入れたほか、米国の議会なども流した。

 国会中継はNHKが予算委員会など一部を伝えるだけで、スキャンダル追及とパフォーマンスを横行させると批判もあった。国会TVはあるがままの国会を届けることを目指した。「初めて議員の活動が分かったと視聴者に言われた」と運営会社「C-NET(シー・ネット)」の社長だった田中良紹(よしつぐ)さん(73)は振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです