メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

ピュラトスジャパン ジャン・ピエール・ベルナルディノ社長

ピュラトスジャパンのジャン・ピエール ベルナルディノ社長=東京都渋谷区で、明珍美紀撮影

環境配慮で良質カカオ

 パンや洋菓子、チョコレートの原材料メーカー、ピュラトスグループ(本社・ベルギー)は来年、創業100年を迎える老舗だ。なかでも製菓用チョコレートのブランド「ベルコラーデ」は日本の市場にも浸透する。ピュラトスジャパンのジャン・ピエール・ベルナルディノ社長は「良質なカカオ豆を得るには環境に配慮した栽培や生産地の生活水準の向上が必要」と強調する。【聞き手・明珍美紀】

 --カカオ豆の生産者への支援活動を行っています。

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1185文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです