メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

帝国書院(東京都)/下 生徒、先生を第一に

ベストセラーとなった「地図で訪ねる歴史の舞台-日本-」=帝国書院提供

 <since 1917>

地図のある豊かな生活をすべての人へ

 戦後、児童・生徒が増加し、社会科の教科書類が専門の出版社として帝国書院は順調に業績を伸ばした。1960年代ごろまで、営業社員が西日本の学校を回ると「守屋荒美雄(すさびお)先生のお陰で教師になれた。御社に足を向けて眠れない」と声をかけられ、創立者の功績が身にしみたこともあったという。以後約半世紀、中学校で使う社会科地図帳の大半は同社製である。

 57年には本社を本の街、東京・神田神保町に構えた。守屋の精神は引き継がれ、82年にはアジアからの大…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです