メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

帝国書院(東京都)/下 生徒、先生を第一に

ベストセラーとなった「地図で訪ねる歴史の舞台-日本-」=帝国書院提供

 <since 1917>

地図のある豊かな生活をすべての人へ

 戦後、児童・生徒が増加し、社会科の教科書類が専門の出版社として帝国書院は順調に業績を伸ばした。1960年代ごろまで、営業社員が西日本の学校を回ると「守屋荒美雄(すさびお)先生のお陰で教師になれた。御社に足を向けて眠れない」と声をかけられ、創立者の功績が身にしみたこともあったという。以後約半世紀、中学校で使う社会科地図帳の大半は同社製である。

 57年には本社を本の街、東京・神田神保町に構えた。守屋の精神は引き継がれ、82年にはアジアからの大…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  3. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  4. 韓国国防省、探知音は「実体が分からない機械音」 レーダー照射問題
  5. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです