メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

帝国書院(東京都)/下 生徒、先生を第一に

ベストセラーとなった「地図で訪ねる歴史の舞台-日本-」=帝国書院提供

 <since 1917>

地図のある豊かな生活をすべての人へ

 戦後、児童・生徒が増加し、社会科の教科書類が専門の出版社として帝国書院は順調に業績を伸ばした。1960年代ごろまで、営業社員が西日本の学校を回ると「守屋荒美雄(すさびお)先生のお陰で教師になれた。御社に足を向けて眠れない」と声をかけられ、創立者の功績が身にしみたこともあったという。以後約半世紀、中学校で使う社会科地図帳の大半は同社製である。

 57年には本社を本の街、東京・神田神保町に構えた。守屋の精神は引き継がれ、82年にはアジアからの大…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです