連載

学校とわたし

著名人が自身の学校生活を振り返ります。喜びや悩み、思い出がいっぱい。

連載一覧

学校とわたし

芸人の仕事より苦しかった部活=お笑いトリオ「パンサー」・尾形貴弘さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
お笑いトリオ「パンサー」の尾形貴弘さん=東京都新宿区で2018年12月16日、藤井達也撮影
お笑いトリオ「パンサー」の尾形貴弘さん=東京都新宿区で2018年12月16日、藤井達也撮影

尾形貴弘(おがた・たかひろ)さん

 小学校から大学までサッカーに打ち込みました。小学1年のころ、サッカーをする近所の兄ちゃんたちが「人数が足りないから入れ」と誘ってくれ、それがきっかけです。見よう見まねでドリブルをしたら全員を抜いてしまって驚かれました。うれしくて父ちゃんにお願いし、地元の宮城県東松島市の隣町にあるチームに入れてもらいました。

 放課後は赤いジャージーに着替え、電車で五つ先の駅の練習場に通う毎日。マンガみたいですが、田舎だったので電車内でドリブルやリフティングの練習もしていましたよ。そのかいがあり、宮城県選抜に入ることもできました。でも、選抜は都会の仙台市になじんだキラキラとしたメンバーだらけ。萎縮して練習でミスばかりでした。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1010文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集