メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

教員の卵 部活動を議論

部活動の意義や課題について発表する学生たち=東京都豊島区の学習院大学で2018年9月11日、伊澤拓也撮影

 <kyoiku no mado>

 中央教育審議会は今月、公立校教員の時間外勤務の上限を月45時間などとする文部科学省の指針案を了承した。勤務時間には、これまで「自発的行為」とされてきた部活動指導も含まれる。指針案では勤務時間削減に向けた外部指導員の活用も提案されたが、人材確保の具体的な方法には言及していない。さまざまな論点に明確な答えが出ない中、大学の教職課程で部活動の在り方を扱った授業も始まっている。部活動とどう向き合うべきなのか、教員の卵たちが真剣に考え始めている。【伊澤拓也】

この記事は有料記事です。

残り1581文字(全文1825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  4. 運命の選考委スタート 第92回選抜高校野球 午後3時からの出場校発表をライブ中継

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです