メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 手話で学ぶ「明晴学園」/6止 ありのままでいい

作文に書きたいことを手話でまとめ、ビデオカメラに記録する小学5年生たち=東京都品川区で2018年11月5日、金秀蓮撮影

 <kyoiku no mado>

 11月の初め、4日ぶりに明晴学園(東京都品川区)を訪れた。教室の後ろからそっと授業をのぞくと、私(記者)に気付いた小学5年生たちが大きく目を見開き、「金(きむ)さん!」と歓迎してくれた。「金」と言っても、お金の意味の手話や、50音を表す指文字で呼んでいるわけではない。左手の人さし指と中指の2本で、額を左斜めへ2度なぞる。子どもたちが私にくれた「サインネーム」だ。

 ろうの世界では名前を表す際、指文字などを組み合わせると複雑になるため、一つの動作で済むサインネーム…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです