メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 手話で学ぶ「明晴学園」/6止 ありのままでいい

作文に書きたいことを手話でまとめ、ビデオカメラに記録する小学5年生たち=東京都品川区で2018年11月5日、金秀蓮撮影

 <kyoiku no mado>

 11月の初め、4日ぶりに明晴学園(東京都品川区)を訪れた。教室の後ろからそっと授業をのぞくと、私(記者)に気付いた小学5年生たちが大きく目を見開き、「金(きむ)さん!」と歓迎してくれた。「金」と言っても、お金の意味の手話や、50音を表す指文字で呼んでいるわけではない。左手の人さし指と中指の2本で、額を左斜めへ2度なぞる。子どもたちが私にくれた「サインネーム」だ。

 ろうの世界では名前を表す際、指文字などを組み合わせると複雑になるため、一つの動作で済むサインネーム…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 平尾誠二さん死去 800人が感謝 山中所長「治せなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです