メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 手話で学ぶ「明晴学園」/6止 ありのままでいい

作文に書きたいことを手話でまとめ、ビデオカメラに記録する小学5年生たち=東京都品川区で2018年11月5日、金秀蓮撮影

 <kyoiku no mado>

 11月の初め、4日ぶりに明晴学園(東京都品川区)を訪れた。教室の後ろからそっと授業をのぞくと、私(記者)に気付いた小学5年生たちが大きく目を見開き、「金(きむ)さん!」と歓迎してくれた。「金」と言っても、お金の意味の手話や、50音を表す指文字で呼んでいるわけではない。左手の人さし指と中指の2本で、額を左斜めへ2度なぞる。子どもたちが私にくれた「サインネーム」だ。

 ろうの世界では名前を表す際、指文字などを組み合わせると複雑になるため、一つの動作で済むサインネーム…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  3. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  4. 韓国国防省、探知音は「実体が分からない機械音」 レーダー照射問題
  5. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです