メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・それホント?

帝王切開の割合、25年で2倍に 母子守る必然、ケアが課題

帝王切開講座でお産前の女性に話しかける細田恭子さん=神奈川県鎌倉市の「ティアラかまくら」で2018年12月16日、田村佳子撮影

 帝王切開で生まれる赤ちゃんの割合が増えている。専門家によると2014年、帝王切開の新生児は19・6%を占め、1990年(9・9%)の倍になった。なぜだろうか。

 観光客であふれる週末の神奈川県鎌倉市。大通りを一歩入った所にある産院「ティアラかまくら」で「ママのための帝王切開講座」が開かれた。外の慌ただしさを忘れさせる穏やかな院内で、帝王切開カウンセラーの細田恭子(やすこ)さん(54)が話し始めた。

 「今は5人に1人が帝王切開なのに母親学級でも全然触れず、突然手術になってショックを受ける人、そのもやもやを何年も抱える人がいる。ぜひ頭に入れておいてください」。手術前後に起きること、傷が痛まない抱っこひもや授乳の仕方を説明し、「女性がどう産むか、そのために必要な知識を入手できているかがとても大切」と結んだ。

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです