メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊サラダぼうる・それホント?

帝王切開の割合、25年で2倍に 母子守る必然、ケアが課題

帝王切開講座でお産前の女性に話しかける細田恭子さん=神奈川県鎌倉市の「ティアラかまくら」で2018年12月16日、田村佳子撮影

 帝王切開で生まれる赤ちゃんの割合が増えている。専門家によると2014年、帝王切開の新生児は19・6%を占め、1990年(9・9%)の倍になった。なぜだろうか。

 観光客であふれる週末の神奈川県鎌倉市。大通りを一歩入った所にある産院「ティアラかまくら」で「ママのための帝王切開講座」が開かれた。外の慌ただしさを忘れさせる穏やかな院内で、帝王切開カウンセラーの細田恭子(やすこ)さん(54)が話し始めた。

 「今は5人に1人が帝王切開なのに母親学級でも全然触れず、突然手術になってショックを受ける人、そのも…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1537文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです