メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・それホント?

帝王切開の割合、25年で2倍に 母子守る必然、ケアが課題

帝王切開講座でお産前の女性に話しかける細田恭子さん=神奈川県鎌倉市の「ティアラかまくら」で2018年12月16日、田村佳子撮影

 帝王切開で生まれる赤ちゃんの割合が増えている。専門家によると2014年、帝王切開の新生児は19・6%を占め、1990年(9・9%)の倍になった。なぜだろうか。

 観光客であふれる週末の神奈川県鎌倉市。大通りを一歩入った所にある産院「ティアラかまくら」で「ママのための帝王切開講座」が開かれた。外の慌ただしさを忘れさせる穏やかな院内で、帝王切開カウンセラーの細田恭子(やすこ)さん(54)が話し始めた。

 「今は5人に1人が帝王切開なのに母親学級でも全然触れず、突然手術になってショックを受ける人、そのも…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1537文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  4. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです