メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代へ

高校ラグビー100年/3 大分舞鶴(大分) 古豪、伝統胸に復権期す

古豪復活を目指し、練習に励む大分舞鶴の選手たち=大分市で2018年12月6日、佐野優撮影

 花園で優勝1回、準優勝3回を誇る古豪が苦しんでいる。ここ9大会は8強からも遠ざかる大分舞鶴(大分)。復活を託され、母校に復帰し2年目を迎えた堀尾大輔監督(46)は「選手を晴れ舞台に連れて行きたい」。かつての黄金期を取り戻そうと、先頭に立つ。

 1951年の開校と同時に創部。敗戦からの復興を目指した時代に「武士道に通じる」とラグビーのフェアプレー精神を重んじた初代校長のもとで「校技」に定めた。

 初出場した第36回大会(56年度)以降、花園の常連となり、第54回(74年度)に全国制覇。今大会で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです