メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代へ

高校ラグビー100年/3 大分舞鶴(大分) 古豪、伝統胸に復権期す

古豪復活を目指し、練習に励む大分舞鶴の選手たち=大分市で2018年12月6日、佐野優撮影

 花園で優勝1回、準優勝3回を誇る古豪が苦しんでいる。ここ9大会は8強からも遠ざかる大分舞鶴(大分)。復活を託され、母校に復帰し2年目を迎えた堀尾大輔監督(46)は「選手を晴れ舞台に連れて行きたい」。かつての黄金期を取り戻そうと、先頭に立つ。

 1951年の開校と同時に創部。敗戦からの復興を目指した時代に「武士道に通じる」とラグビーのフェアプレー精神を重んじた初代校長のもとで「校技」に定めた。

 初出場した第36回大会(56年度)以降、花園の常連となり、第54回(74年度)に全国制覇。今大会で57に伸びた出場回数は、天理(奈良)に次ぐ出場校中2位。前回達成した通算80勝も歴代5位だ。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです