メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代へ

高校ラグビー100年/3 大分舞鶴(大分) 古豪、伝統胸に復権期す

古豪復活を目指し、練習に励む大分舞鶴の選手たち=大分市で2018年12月6日、佐野優撮影

 花園で優勝1回、準優勝3回を誇る古豪が苦しんでいる。ここ9大会は8強からも遠ざかる大分舞鶴(大分)。復活を託され、母校に復帰し2年目を迎えた堀尾大輔監督(46)は「選手を晴れ舞台に連れて行きたい」。かつての黄金期を取り戻そうと、先頭に立つ。

 1951年の開校と同時に創部。敗戦からの復興を目指した時代に「武士道に通じる」とラグビーのフェアプレー精神を重んじた初代校長のもとで「校技」に定めた。

 初出場した第36回大会(56年度)以降、花園の常連となり、第54回(74年度)に全国制覇。今大会で…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです