メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

都会に暮らす 海浜ニュータウンから/1 団地40年、都会の過疎 若者さらに都心へ

妻を乗せた車いすを押して買い物に出かける内山義彦さん=千葉市美浜区で12月17日、宮間俊樹撮影

 団地を吹き抜ける師走の風に背中を丸めながら、車椅子を押す。千葉市美浜区の海浜ニュータウンで暮らす内山義彦さん(78)の朝の日課だ。

 鉄鋼関連会社に勤めていた内山さんは1974年、2DKの賃貸に入居した。4700戸の大団地だった。同世代が背広姿で一斉に都心へ出勤し、子供2人が通う幼稚園からは笑い声が響いた。「この街は開ける」。希望が膨らんだ。

 しかし、間もなく妻(73)が体調を崩す。内山さんは働きながら、入院や通院を支えた。仕事を終えた10年ほど前から家事も担う。

この記事は有料記事です。

残り1770文字(全文2004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです