メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

都会に暮らす 海浜ニュータウンから/1 団地40年、都会の過疎 若者さらに都心へ

妻を乗せた車いすを押して買い物に出かける内山義彦さん=千葉市美浜区で12月17日、宮間俊樹撮影

 団地を吹き抜ける師走の風に背中を丸めながら、車椅子を押す。千葉市美浜区の海浜ニュータウンで暮らす内山義彦さん(78)の朝の日課だ。

 鉄鋼関連会社に勤めていた内山さんは1974年、2DKの賃貸に入居した。4700戸の大団地だった。同世代が背広姿で一斉に都心へ出勤し、子供2人が通う幼稚園からは笑い声が響いた。「この街は開ける」。希望が膨らんだ。

 しかし、間もなく妻(73)が体調を崩す。内山さんは働きながら、入院や通院を支えた。仕事を終えた10年ほど前から家事も担う。

この記事は有料記事です。

残り1770文字(全文2004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです