メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クトゥーゾフの窓から

北の島々は(3) 日露平和条約交渉に「勝負の年」へ

ラジオ局のインタビューに答えたラブロフ外相。今後の対日交渉で歴史問題を取り上げていく考えを明示した=ロシア外務省HPより

 記者会見で質問を無視した河野太郎外相とは対照的に、ロシアの要人は過去1カ月、日本との平和条約問題における自分たちの立場を次々と口にしてきた。「在日米軍に関する問題を抜きにして重要な決定を下せない」(プーチン大統領)「日本は第二次大戦の結果を認めるべきだ」(ラブロフ外相)といった具合だ。

 来年1月からの交渉を前にして、これらの発言について「日本に対するけん制に過ぎない」と腐すことは簡単だ。だがロシア側が本音を明かしていると受け止めるなら、日本は相当に厳しい状況に置かれていることが分かってくる。プーチン氏が来年6月に訪日する機会を捉え、安倍政権は平和条約交渉に関する「基本合意」に達したい考えを漏らしているが、そこまでたどり着けるのかも定かでない。

 モスクワ市内にしんしんと雪が降る12月20日。プーチン氏は恒例となった年の瀬の記者会見に臨んだ。「…

この記事は有料記事です。

残り2758文字(全文3134文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです