メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

レーダー照射した、しない 日韓で見解の相違鮮明に

 【ソウル堀山明子】韓国を訪問中の外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は24日、金容吉(キムヨンギル)東北アジア局長と会談した。韓国海軍の駆逐艦が20日に海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題について、金杉氏は強い遺憾の意を表明し、再発防止を要求。一方で金氏は照射を否定し、日本が事実関係を正確に確認せずに公表したと指摘した。見解の相違が改めて鮮明になり、日韓の防衛当局間で実務協議を継続することになったが、対立解消は長引きそうだ。

 日韓局長は約1時間半にわたり会談。当初は、韓国最高裁が元徴用工の韓国人による戦後補償訴訟で日本企業…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文801文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです