メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

海保初のスーパーピューマ引退 プルトニウム輸送船を護衛したヘリ

海上保安庁観閲式で巡視船に着船するスーパーピューマ332(MH686)=東京湾で2008年5月17日、米田堅持撮影

 海上保安庁で初めて導入され、フランスからのプルトニウム輸送時の護衛などにも従事した大型ヘリコプター、スーパーピューマ332(登録番号MH686)が22日、解役された。海保ヘリの新時代を切りひらく先兵として活躍したが、平成に導入された海保の航空機としては初めて引退する機種となった。【米田堅持】

 MH686は、フランス・アエロスパシアル社製で全長18.7メートル、回転翼(ローター)の直径は15メートルを超える大型ヘリ。1992年、海保最大の巡視船しきしま(6500トン)の搭載ヘリとして就役した。しきしまは、フランスから日本へプルトニウム輸送をする船の護衛をするために建造された巡視船で、ヘリもこれまで巡視船で使用されていたベル212よりも大きく、強力なエンジンを持つスーパーピューマ332を2機搭載した。

 導入当初のパイロットだった菊井大蔵・日本水難救済会理事長は「船上でのスーパーピューマ運用は世界初だ…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1207文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです