メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2位の高橋大輔「幸せを感じた」華麗な復活、そして意外な決断

フリーの演技を終え笑顔を見せる高橋大輔=大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで2018年12月24日午後9時1分、猪飼健史撮影

 7月に約4年ぶりに現役復帰したフィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪銅メダリスト、高橋大輔(32)=関大KFSC=が24日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームでの全日本選手権で2位に入った。ただ来年3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)の代表入りは辞退した。華やかな復活劇も直後の決断も周囲を驚かせた。

 ジャンプのミスはあったが、リズミカルな曲調に乗り、「氷上のアーティスト」の真骨頂であるステップで観…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです