メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

大江千里 音楽の美しさ見つめ 35周年、5都市でツアー

大江千里

 シンガー・ソングライターの大江千里が、35周年を迎え、現在は本職ともいえるジャズピアノのソロで、自身のヒット曲を演奏した「Boys&Girls」(ソニー)を発表。1月半ばからツアーを行う。

 大江は、1983年「ワラビーぬぎすてて」でシングルデビュー。凝った作りだが、軽やかで明るい曲調は広く愛され、90年のアルバム「APOLLO」でオリコンチャート1位を獲得、Jポップのスターとなった。しかし、音楽に悩み始めた2000年代、子供の頃から夢だったジャズピアニストの道に進むことを決心。07年末からニューヨークで本格的に学び、12年にアルバム「Boys Mature Slow」でジャズデビューを果たした。

 本作は「アメリカのライブのアンコールで自分の曲を弾いた時、驚くほどの大きな拍手をもらった。自分でも『まさか!?』という状況で、そこから始まった」と言う。言葉で言えば「ピアニスト大江がポップスライター大江をジャズで表現してみよう」という企画だが、いざやり始めると、自分の曲のアレンジは簡単ではなかった。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 6歳児がバス停表示ミス次々発見 バス会社が感謝状 「好きなこと頑張れば特別なことが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです